To 自分 (東京にて)

地味なあがき?を積み合わせて どうにか東京に来た。

1ヶ月後には メンバー4人 全てが東京に降り立った。

1年目

とりあえず 誘われれば まず断る事なくイベントに出演した。ハコのブッキングも どこでもいつでも 大抵は引き受けた。もしくは お願いした。百聞は一見にしかず と考えたからだ。

当たり前とはいえ見事なくらいに赤字だった。 しかし、そんな事をいちいち言っていては音楽(好きな事)等やってられないし。
一体 どうすれば? そればかり考えてた。
2年目

色々な事を あえて無視して 走った ツケ だろうか?
メンバーの1人が脱退となり 3人になった。
正直言ってこれまでか・・?と思った。
それでも イチかバチか3人でとにかく やれる事をやってみよう とチャレンジした。

意外?にも シンプルで 力強い 良いバンドになった。
アルバム『03』が出来たのはその頃
3年目・・・みんな そのバンドで 自分の役割 とか 使命 を自覚し始めた。

僕自身 今までで 最も バンドのグルーヴやら マジック? を実感した時期だった。
ライブは いつも120% を信じて 絞り出した。
しばしばこけたが・・
4年目・・
良いバンドは更なる良いバンドになる必要があった。

僕は 今までのバンドのスタイルをもっと深いモノにしたかった。ターゲットがしぼられても・・
何曲かに至って それは とりあえずの一歩を踏めた と思う。

馬場兄(タイガーサウンド)と組んで アルバム『04』をリリースする。本当に色々あったが、最高に楽しい製作期間だった。

東京では初めてとなるワンマンライブを果たした。

しかしこれからが 本当の勝負であり 始まりなんだと理解しながらも、次の一歩がどうしても出せなかった。今までのようにこれからを提案しきれなかった。

バンドは動けなくなった。
目的だの 意味だの 夢だの 希望だのをメンバー間共有出来ないバンドは 見事な程に動けなくなるモノなのだ。
そもそも バンドマンは何(お金も)はなくともソレらのみ で皮一枚繋がっている と言っても決して 言い過ぎでない。


バンドを失うのは 本当に 不安 で こわかった。

今まで 10年くらいの間 寝ても覚めても 音楽 の事ばかり 考えてきたから・・
でも 進化なり退化なり 少しずつでも変化できない バンド はいずれ遅かれ早かれ 必ず 止まる訳で、、
そんなバンドをダラダラ続けるのは、自分の為にもファンの為にも良い事はないのだ。 誰も幸せに ならない。。

居心地が良くても 同じ場所に同じようには ずっと はいられない。

自分が変わらなくても 周りが必ず変わるし、時代が変わる。居心地の良い筈のソコは 知らぬ間に別な場所のようになっているかもしれない。結果何かが変わっている。。確かにそういうスタイルもあるとは思うが・・

人生を 一歩進めるしかない。

バンドを活動休止として これからを考える事とした。
[PR]

by tvpvo | 2010-05-28 18:05  

<< 古島省吾のこれからについて(5... To みなさん(久し振りに歌います) >>